行くぜ!東北大人の休日旅 VOL.9 から続いてます。


ねぷたに大興奮した後は、お昼ごはんを食べにまいりましょう!

駅から少し離れたところにある一八寿しへ。

DSC03449

地元の人気店らしいのだけれど、目立たないひっそりとした裏道にございました。
「ふらりと通りがかったから」というお客さんは、まず来なさそう。

にぎりは、特上、松・竹・梅の4種類。
実は、だんさーちゃんとあたくし、特上っぽい上ネタにあまりキョーミがございません。

カニもウニも数の子もいらないので、イワシとサバと生タコをください!
そんな、安上がりなヲンナで、ごめんあそばせ。
あ、タコは塩で食べたいわね。

って、ことで、安いヲンナなら充分満足できそうな竹@1620でお願いします。

お寿司屋さんのカウンター席で写真を撮らせていただくのは、非常に野暮な行為と認識しておりますよ。
いくら「(お写真いいですか?)どうぞ」と、言われても、ちょっとどうなのよねぃ。と思うので、ピントもままならない速攻1枚撮りで。

握ってくださった分から前に置かれていくのだけれど、ちょっと!このマグロ、1600円のセットに出てくるにしては上等過ぎないっ!?

DSC03451

いや、こんな写真じゃわからないわよね。
実物は艶めかしいセクシーなマグロだったのよ。
舌にぴっとり纏わりつくマグロ、Oh!セクスィ~!

甘エビもホタテも甘いよ、甘い。

DSC03455


地味なネタなのに妙に美味しい!

DSC03454

ふんわりと握られたシャリもウマけりゃ、ネタもウマイ!
青森の寿司、ポテンシャル高っ!

DSC03458

全部で七貫と巻物、サクッと食べ終えてしまった。
もう一巡したい気分だったけれど、他に食べたいものが出てくるかもしれないので、余力を残すことにいたしました。

カウンターには顔なじみのお客さんや同じく大人の休日倶楽部のお客さんなどおひとりパラダイス。
一人前の刺し盛りが、横目に見てもピカピカで頼まなかったことが悔やまれる。

握ってくださったにこやかな大将、東京から来たと告げたら「よかったら、また来てね~」と、社交辞令的におっしゃってたけれど、大人の休日倶楽部は年3回発売されてますからね!
圧倒的にお得ですからね、行っちゃいますよ!本当にまた!

次に行くなら夜のおまかせをいただきとうございます。


一八寿し
住所 青森県青森市新町1-10-11 
 
本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。


更新情報をLINEでお届けいたします。
 
たくさんの読者登録、ありがとうございます! 
最近、登録してくださる方が多く、うれしいです