行くぜ東北!大人の休日旅VOL.16から続いてます。

ラストスパートをかけて食事を終え、ロビーに駆け付け津軽三味線ライブを鑑賞いたします。

DSC03503


これが、予想以上に素晴らしかった!!!
聞きにいらっしゃらない方が結構いらしたみたいだけれど、本当にモッタイナイ!

真ん中にいらっしゃるのは津軽三味線全国チャンピオンの渋谷幸平氏。
脇を固めるのは、なんと界 津軽のスタッフさん!

先ほど夕食のお世話をしてくださったオジサマがおっしゃったとおり、毎日スタッフの方たちがシフト制で先生の両脇で三味線を弾くんですって!
「先ほどまで夕食を担当しておりました」と、ご挨拶されてたスタッフさんは、こちらの施設に来て初めて三味線を習い始めたとおっしゃってたけれど、とってもお上手!

DSC03559

津軽三味線と言えば、素人的にパッと思いつくのは津軽じょんがら節がだけれど、五大民謡といわれる曲があるのだそう。
じょんがら節、よされ節、おはら節の三大民謡。
この3曲に、あいや節、三下りが加わり五大民謡となる。
ほぅほぅ。

この日はお誕生日の方がいらしたので、明るい雰囲気のあいや節でお祝い。
お誕生日旅行じゃなくて、離婚記念旅行と挙手されてた陽気なオヂサマグループもいらしたけど。

バチを激しく叩くことでもたらされる独特な音色が津軽三味線の盛り上がりポイントでもあり、それに合わせて拍手を入れるポイントもちゃんとあるらしい。
フィギアスケートでいうステップの際の手拍子みたいなものなのかな。

DSC03561

この日のお客さんは拍手ポイントを心得た方がいらっしゃったので、先生もノリノリだったそう。
確かにライブの一体感!的な雰囲気があったものね。

マイクを使用していないのにロビーに響き渡る音色が身体にズンズン入ってくる感じ。
すごいわー。津軽三味線。

〆の1曲は、ちょっとアレンジを変えたじょんがら節。
難しいアレンジだけれど、両脇にいらっしゃるスタッフさんは習得されてる曲なので、披露してくださいました。
何も言われなかったら三味線専属の方たちだと思うほどに本当にお上手だった。

大きな拍手でエンディングの後は、三味線体験タイム!
さくらさくらを教えていただけるとのことで、もちろん、教えていただきますよ!

まずは手にガードをはめて、

DSC03564

三味線には猫皮と犬皮があるそうで、津軽三味線は丈夫な犬皮を使用しているのだそう。

DSC03565

他の三味線音楽とは違い、叩きを主とする打楽器的な奏法だからなのだそう。

体験用の三味線には、ネックの部分に番号シールが貼ってあり、順序を伺いつつパチンパチンとバチを当てて弾いていきます。
あたくし、常に全力体制なので超前のめりで教えていただきます!

FullSizeRender



ほとんどの方が体験されずにお部屋に戻ってしまったけれど、楽しかったわ。
ふと横を見たら、、、こぎん刺し体験されてたご夫婦のご主人、パチンパチン体験されてた。
お年を召しても途切れない好奇心、大事!

あたくしも好奇心がしぼまないBBAになろう!


本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。


更新情報をLINEでお届けいたします。
 
たくさんの読者登録、ありがとうございます!