行くぜ東北!大人の休日旅VOL.17から続いてます。

界 津軽のこぎんの間では、あちらこちらにあしらわれているこぎん刺し。
廊下の天井にも模様が施されております。

DSC03498


60mの客室廊下にこぎん模様の光が降り注ぐ木漏れ日kogin。

DSC03569

世界の美しいホテルの廊下10選に選ばれたそう。

夜になると照明の光でこぎん模様が透けて幻想的な美しさ。

DSC03523

躍動感あふれる津軽三味線ライブの興奮を冷ますかのような静かな美しさでございました。

楽しく美味しい1日を過ごし、夜もぐっすり。

翌日の朝食はお夕食と同じくお食事処で。

DSC03571

まずは、目覚めの1杯。

DSC03574

あー、お腹空いた!

あら、朝食は意外と地味な感じなのね。

DSC03576


地域色を感じる食材や郷土の調理法を取り入れた「ご当地朝食」ということで、メインは津軽の郷土料理である貝焼き味噌。

DSC03577

ホタテの身を鰹節やネギと味噌で味付けし、卵とじにした白めし泥棒的な一品でございました。

旅館の朝食って、普段ごはん派じゃなくてもついつい白米がすすんじゃうよね。

さて、長々とアップした界 津軽。
「これが星野リゾートのおもてなしマインドなのね」と、感じる部分が多々見受けられ、非常に満足度が高い滞在でございました。

スタッフの皆さんの「界 津軽でお客様をおもてなしする」という心意気が感じられるホスピタリティの高さがスバラシイ!

正直、大鰐温泉という場所は東京からだと「わざわざ訪問する場所」という位置づけに等しい気がするけれど、是非再訪したい!と思ったお宿でございました。

この冬はリニューアルの予定があるそうなので、来年以降の休日倶楽部旅で、また伺いとうございます。



本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。



更新情報をLINEでお届けいたします。
 
たくさんの読者登録、ありがとうございます!