スヌさんの肉焼きレッスンでシェフの辛口トーク 肉焼き職人っぷりに魅了され、あんこセンパイにお願いしてカルネヤサノマンズに連れて行っていただきました。

DSC06112

あんこセンパイ、ありがとーぅ。

訪問したのは暮れも押し迫った大晦日1日前。
帰省の無い単身者は年末年始がヒマなのよ。

こんなところにまで牛マークがあると、階段上がると同時にキブンも上がるね。

DSC06114

「お肉が好きなすべての人に、本当に美味しいお肉を」をコンセプトに掲げるカルネヤサノマンズ!
店名に添えられているPURVEYORSは「提供者」の意味らしい。

さぁさぁ、美味しいお肉を提供してもらいうじゃございませんかっ!
今回はカウンターでお任せコースをいただきますよー。
まずは、泡から。

DSC06115

あたくしたちの美貌と健康にかんぱーい。

DSC06117

最近、乾杯の音頭は昔よく使っていたこのフレーズと決めております。
同じフレーズでも「健康」への比重が違うよな。しみじみ。

お食事はアミューズのひと口ミンチカツから。

DSC06116

味わう間もなく胃袋ちゃんに吸い込まれてしまった。
モットチョウダイ。

って、ことで、続いては和牛カルパッチョ

DSC06118

ほどよい脂乗りの薄切り肉、とけるわ~、口の中でとけるよ~。
やっぱり和牛は、赤身よりも、霜降りよりも、ほどよい脂乗りのお肉がサイコー!

お酒もお任せでお願いしたところ、なんと、新政。

DSC06122

日本酒臭さが無いから料理に合わせやすいのかな。

コースなので、お魚っぽいお料理もまいります。ズワイガニのクラブハウスケーキ

DSC06125

クラブハウスケーキって、NYのステーキハウスっぽいわ~。
ニューヨーク、行ったことないけど(ヲイ)

続いて赤にシフトし、、、

DSC06128

パスタは2種類の盛り合わせ。カラスミのパスタ

DSC06131


マッシュルームのラグーニョッキ

DSC06130

モッチモチのパスタに濃厚なラグーソース。
これは濃ゆい赤ワインだわ~。

さて、そろそろメインのお肉でございます。
ポーション小さめなので、胃袋ちゃんも余裕でウェルカム状態!
お肉、かもーん!

雪降り和牛尾花沢のイチボで、牛かつと

DSC06138

ナイス火加減!理想の中レア!

DSC06139

グリル!

DSC06132

甘い脂と牛の旨味が口の中に広がるグリル、美味しかったな~。



よしえさん「は」飲めますよね。と、スヌさんのお教室に参加していたという暗黙の了解事項でさらにワインも頂き、ごちそうさまでした。

DSC06141

グラスなのだけれど、ボトルがずっと置かれたままだったので、、、
「このままだと手酌しちゃいますよ」と、言ったら「あ、どうぞ、どうぞ」ですってよ。
そうなのかっ!いいこと聞いたわ。(コラ)

デザートは、ピスタチオのブラマンジェ

DSC06144

フルフルと揺れるブラマンジェではなく、もっちり濃厚タイプ。
でも、ブラマンジェは飲み物だから、スルッと完食。
噛まないデザートは飲み物よ。むふっ。


ご実家が老舗焼き肉屋というお肉の英才教育を受けて育ったシェフが、お肉が好きなすべての人に美味しいお肉を振舞ってくださるカルネヤサノマンズ。
次回は肉オンリーのアラカルトでいただきたいわ~。


・カルネヤ サノマンズ
住所 東京都港区西麻布3-17-25


本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。





更新情報をLINEでお届けいたします。
 
たくさんの読者登録、ありがとうございます!