初冬の下呂・高山VOL.23から続いてます。

夕方近くには高山駅に戻り東西自由通路の展示品を見学いたしました。

2016年のリニューアルの際、東口は乗鞍口、西口は白山口、東西自由通路は高山祭屋台の道具や車輪が展示された匠通りと名称が変わったのだそう。

DSC05697


この匠通りの展示が高山屋台会館と引けを取らない素晴らしさ!

こちらは、実物大の屋台模型。

DSC05705


屋台の装飾品も色々と展示されております。

DSC05699

「匠の技術」って感じするわ~。

DSC05700


家に家紋があるように祭屋台にも台紋があるのだそう。

DSC05698

台紋もずらりと展示されておりました。

DSC05701

こちらは、屋台の錺(かざり)金具の製作過程。

DSC05702

平らな銅板?に鏨(たがね)を使用して図柄を施していくそう。
恐ろしい緻密な作業、本当に職人さんってすごいわ。


DSC05703

これは、屋台の鳳凰の羽根。
大きいけれど、金箔を貼った紙製なので軽いらしい。

DSC05704

屋台会館では、こういた装飾品は写真のみだったので、屋台会館と匠通りの両方見ることができてよかった!

さて、高山駅からは、ワイドビューひだで富山に向かいます。

DSC05707

高山止まりの車両の切り離し作業が行われているので、一応撮影しておこう。

DSC05708




DSC05709

それでは、ぐるりと富山経由で江戸に向かいます。


本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。



更新情報をLINEでお届けいたします。

まとめ読みにも便利ですよ~。