冬の広島・宮島VOL.2 から続いてます。

大和ミュージアムを出たら、ほぼ16時。
むむー、、、残念ながら、てつのくじら館を堪能する時間はない。。。

それなら!と、すぐ隣の呉港から出港している船にちょこっと乗っけてもらう呉港おさんぽクルーズに。

DSC06624

本当は夕焼けと船の上から軍艦めぐりを楽しめる夕方出港の呉軍艦めぐり夕呉クルーズに参加したかったのだけれど、無念の曇天。

しかも、夕呉クルーズは予約制。
事前の天気予報で夕焼けは全く期待できないお天気だったので完全に諦めてお手軽なおさんぽクルーズに変更いたしました。

DSC06609

おさんぽクルーズは観覧船ではなく、普通に運行している呉港~江田島小用港の船に乗せてもらうので、特に説明はナシ。
でも、船に乗るというだけで気分がアガるというもの!

いざ、乗船!

DSC06608

同乗していたのは、部活帰りらしき学生くんたちが多かったかな。
でも、ほぼ満席。

どんよりとしたお天気の中、江田島に向かって、スイスイ進みます。

DSC06610


白い灯台があるのが小麗女島、その後ろは自衛隊の弾薬庫がある大麗女島ですって。

DSC06617

さらにその後ろには海猿のロケ地に使われた海上保安大学校。

この辺りは、戦艦大和も造られた造船所群。

DSC06619


向こうの方には艦船が停泊しているのかな。

DSC06622

のんびりとした感じで約45分のおさんぽクルーズは終了。
ちょっと旅に出た気分になった。

帰りに呉港から駅に向かおうとしたら、、、
予約制だったはずの夕呉クルーズの客引きをしている係員さんに遭遇!
えぇーっ、予約しないでも大丈夫だったんだ。。。
夕焼け無しでも近くで艦船、見たかったなー。

手仕事マニアとしては、この軍服展も見たかった。

DSC06625

左の刺繡がスバラシイ。近くで見たい!

と、色々と後ろ髪を引かれつつ、広島駅に戻ります。

DSC06627

なかなか再訪できる場所じゃないけれど、また、リベンジに伺いたいわ。



本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。



更新情報をLINEでお届けいたします。

まとめ読みにも便利です。