週末プチトリップで日光へ VOL.12 から続いてます。


華厳の滝を見学した後はバスに乗って神橋エリア帰ります。

日光での最後の野望を果たすため金谷ホテルへ。

DSC07464




前日も送迎バスに乗る際にお邪魔したけれど、今日もお邪魔しまーす。

FullSizeRender

中禅寺湖の金谷ホテルはイマドキっぽい印象もあったけれど、こちらは正統派のクラッシック建築。
インテリアも重厚で北大路欣也さまが座ってらっしゃる万俵家のリビングって雰囲気。

DSC07358

リビングを通り過ぎて、クラフトラウンジへ。

DSC07434

なんと1年で1週間だけ開催のとちおとめスイーツ&百年ライスカレービュッフェの最終日だったのでございます!

DSC07436

これは、食いしん坊の神さまが「お行きなさい。金谷ホテルへGO!」と、おっしゃってるに違いない!

予約制ではないので1時間ぐらい待ちそうだったけれど、ちょうど時間も余っていることだし休憩がてら並んで、いざラウンジ内へ。

ビュッフェ台を見ると、、、ん?数が少ない?

DSC07451

と、心配したけれど、全く問題ございませんでした。

ケーキを出しておいても美味しさが損なわれない量だけを並べておいているらしく、非常に小まめに補充が行われ、一品たりともトレイが空になることがない見事な補充っぷり、あっぱれ!

並んでいるケーキは、決してイマドキの映えるスイーツではないけれど、生地はふわっふわ、クリームはコクのあるホンモノ、イチゴも甘い!

DSC07440

そして、ホームメイド感があふれる、昔懐かしいケーキスタイルでどれも美味しい!

DSC07446


あ!少しだけ映えを意識した部分も。

DSC07452


マカロンも軽くてサクサク。

DSC07441

金谷ホテル名物の百年ライスカレーはチキンとビーフが一人前ずつ用意されておりました。

DSC07442

寸胴に入って、勝手に盛り付けるタイプじゃないの。

このソースポット、どれだけ小まめに洗わなきゃいけなくなるんだろう。
それだけ負担がかかってもキチンとしたスタイルで食べていただきたいってことなのかしら。

DSC07445

辛さは控えめの欧風クリーミータイプの百年ライスカレー、ありがたーくチキンとビーフを両方いただきました。

さぁ!カレーの後は、イチゴスイーツに狙いを定めてスイーツタイム!

DSC07448

ジェノワーズとクリームの量に比べてイチゴの分量がハンパない!

DSC07461

生地はふわふわ、クリームもほわほわ、イチゴもジューシーで美味し――いっ!

正しく作られているケーキは、シンプルなほど美味しい!の法則!

FullSizeRender

イチゴ自体もとても甘くてジューシー!

DSC07450


このお皿、全部食べたくなるぐらい美味しい。

DSC07457

しかも、チョコがけイチゴは全て大粒で、頬張ると甘酸っぱい果汁が口の中いっぱいに広がるぅぅぅ。

最後はイチゴ牛乳をグビグビ。

DSC07460

本当にどのスイーツも大変美味しゅうございました。
あまりスイーツブッフェってリピートしたいと思わないけれど、こちらのブッフェはまた行きたいわ。

前日は曇りまくっていた神橋もこの日は鮮やか。

DSC07466

お腹も満ちたし、余力があったので、のんびり歩いて日光駅まで。

スペーシアで帰りまーす。

DSC07471

向かいのホームに停まっていた「きりふり」。

DSC07472

ガチ鉄の羊ちゃんが嬉々として撮影していたので、わたくしも撮ってみたけれど、、、別にレア車両というわけではなかったらしい。
ガチ鉄の激写ポイントはよくわかりませぬ。


今回はシーズンオフだったこともあって中禅寺湖エリアは営業期間外の場所も多かったのが、ちょっと残念だったけれど、その分、観光客も少なくどこも空いているというメリットも。
近くて、交通費もお手頃なので、また違うシーズンに伺いとうございます。


週末プチトリップで日光へ旅行記一覧はこちらです。



本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
バナーをポチッと♪応援していただけると励みになります。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。





更新情報をLINEでお届けいたします。

まとめ読みにも便利です。