がっつりしたビストロ料理が食べたくて、食べたくてたまらな~い状態だったので、
恵比寿のノミの市へ行ってきました。
ビストロの宝庫と言えば神楽坂と思っているのだけれど、会社帰りに行くには、ちょっと不便。ってコトで、今回は恵比寿へGo!
ノミの市は駅から徒歩10分程度。
前日の風の冷たさに、この日はニット帽まで用意して準備万端。
でも、意外と暖かかったのよね。。。

ディナーは前菜、メイン、デザートのコース@3200
ものによって+500だったりするけれど、8種類程度からセレクトできます。

この日はグルメぴあのクーポンを持参したので、
食前酒がサービス。VIVA・クーポン♪
まずは、アミューズ。イカのブルスケッタ。
へ~、イカですか。

「パ~テ♪パ~テ♪がっつりパ~テ♪」と、唱えながらの入店だったのだけれど、この日のパテは「ホロホロ鳥」。う~ん、鳥じゃないのよね。豚よ。豚。がっつり豚!豚じゃないなら、パテや~めた。

で、セレクトしたのはオマール海老と茸のパイ包み(+500)。
まずは、がっつりじゃなくてこってりをセレクトです。
前菜なのに、ボリューム満点の大きさ。カットすると中にはゴロンとオマールが。う~ん、美味しい。満足、満足。




続いて、肉しか考えられない肉らーな二人のセレクトは、
ワタシが、アンドゥイエット(自家製ソーセージ)とレンズ豆の煮込み
N嬢が、仔羊のロースト(+500)











これぞ、求めていたガツン系料理
仔羊なんて普通のお店の倍サイズって感じ。
アンドゥイエットも通常は小腸に詰めた細いもののことを言うのよ。
大腸に詰めた太いものはアンドゥイユ。これってアンドゥイユサイズじゃないんでしょーか?
最初は喜んで食べてたんだけど、さすがに、途中で飽きてしまったよ。はは。

デザートもボリューミー。
そろそろ、食べ納め時期に突入しそうなタルトタタンをセレクト。かなりおなか一杯です。
あ、ドリンクは別(@300)なんです。ここ。

とろけるような林檎が美味し~い。
こんなにおなか一杯じゃない時に食べたいなぁ。
このタタン目当てにランチ、行っちゃおうかな。
なーんて思いながら、帰り道のコンビニでウコンの力を飲む二人。楽しい酔っ払いには、ニット帽はやっぱり必要なかったね。


繊細な味の家では絶対作れないような「美しいフレンチ」も、もちろん好きだけれど、
ガツンとした、ちょっと大雑把な感じのビストロ料理も大好き。お値段もお手頃だしね。
気軽に手軽に行くには、近くだったら、このお店ちょうど良いかも。
会社帰りにがっつり気分の時は、また行ってみよ♪


・ ノミの市
住所  渋谷区恵比寿2-5-8 サンクオーレ恵比寿1F
TEL  03-5420-3691
営業時間  11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00~23:00(L.O.22:00)、
        土日祝12:00~15:30(L.O.14:30)、18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   無休(年末年始休)