佐藤可士和も忘れてましたが、こちらは、さらに忘れてました。。。
クウネルの別冊ずらり料理上手の台所

本当にずら~りと、料理上手さんたちのご自宅キッチンを紹介した本。
クウネルの本だけあって、キッチンと言うより台所と、言う言葉がぴったな方々ばかり。
紹介されている21名の中でシステムキッチンをお使いだったのは、
ホルトハウス房子さんだけだったよーな。
後の方々は、皆さん、意外と古いアパートちっくな台所でした。

皆さん、お料理上手であり、お料理好きな方々なので、
それぞれの台所には、自分が使いやすいような工夫がいろいろなされていて
「ふーん」「ほー」っと、言いながら見ていたのだけど、
それが果たして私の台所にぴったりくるかというと、そーでもなかったり(笑)
結構、ゆるやかに時間が流れていそうな方が多いからかな。。。
たぶん、私の生活には、この人のキッチンが役立ちそうな気がする。

自分のキッチンを「使いやすいキッチン」に出来ていることがお料理上手の必須条件なのかもね。
ワタクシ、以前、築30年のマンションに少し住んでいたとき初日から恐ろしい目にあったので、
古い台所にはトラウマがあるんです。。。
最初から、自分が住んでの30年だったらある程度の覚悟もあるんだけど、
知らない人があれこれ住んだ30年は、恐ろしいのね。。。
あれほど、夜活動する不法滞在者に怯えたのは初めての経験でした。
原因は、私の部屋の前の住人じゃなくて、お隣のおばーちゃんだったのだけど、
それは、それは、恐ろしい出来事に遭遇したのですよ。。。

賃貸住宅にお住まいの皆さま、
借り換えの時のお部屋チェックと共に、周囲のお部屋の住人さんについてのリサーチも忘れずに!!!