夏の九州 唐津・門司港の旅 Vol.14 から続いてまーす。

さて、関門トンネルも横断したところで、再び軽く名所めぐりでございます。

 こちらは国際友好記念図書館

中国大連市と友好都市を締結していた門司港。
その友好都市締結15周年を記念し、ロシア帝国が大連市に建築した
東清鉄道汽船事務所をそっくり複製し建築したものなのだそう。
東武ワールドスクエアにありそうな建物だわ~。


メルヘンチックな童話に出てきそうな外観ね~。
ロシア帝国の建築というけれどヨーロッパっぽいな。
と、思ったらドイツ人技師の設計なんですって。ほぅぅ。

そして、旧門司税関


明治時代に建てられ昭和初期まで税関庁舎として使用されてそう。

さ、なんとなく門司港を一周したところで、
最後のお楽しみでございます!


きたーーーーっ!



 鉄道博物館リニア館に続いて九州もきたー!後は京都ね。

でも、、、屋外は暑いのよ。。。


と、言いつつ、カメラを持ってウロウロ。
平日だからガラガラよ~。

シヴイねー!


この肌色と赤の組み合わせが懐かしさを醸し出しまくり!
ベージュじゃないのよ、肌色よ!

おぉぅ!これまたシヴイ!世界初の寝台特急よ~。


寝台車としてだけじゃなく普通座席の特急としても運行できるのよ~。


で、こっちはブルートレイン。


ここに展示されているのは、
本国有鉄道の車両。


JRじゃなくて国鉄よ、国鉄。

くぅぅぅ、しびれるぜーーーっ!


かわゆい列車もございます。萌え~。


でも、もう暑さでヘロヘロなので建物の中へ。


ちょうど壮大なミニレールショースタートするところだったので
涼みがてらナイスビューシートで鑑賞。



展示コーナーももちろん観るわよ~。
昔のヘッドマークって、何気にデザインも配色もオサレなものが多かったりするのよね。

323

集めてコースターにしたい鉄子の淡い夢(笑)

と、屋内で涼み、鉄分も補給したところで唐津・門司港の旅も終了。

珍しく余裕を持って博多駅まで戻り、おみやげ売り場をウロウロ。
お茶でもしようと思っていたら試食でお腹いっぱいになってしまったので
ささっと福岡空港に移動しびゅ~んと帰京。

唐津・門司港とレアな地域の旅行だったけれど
今回もせっかく魂を発揮しまくった楽しい旅でございました!


公式の観光情報も参考にするけれど、
あたくしは、旅行記ブログをものすっごく参考にいたします。

ブログ村テーマ 観光&地域の情報

この旅行記がいつか、どこかで、ちょびっとでもお役に立つことが
あれば嬉しゅうございます。


本日も最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。
ありがたいことに食べ歩きランキング1位です。

皆さまのワンクリックが更新の励みです
バナーをポチッと♪ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村
皆さまの口福にあたくしの美味しい♪がお役に立つと嬉しゅうございます。



 ↓  LINEで更新情報をお届けいたします。            
 
毎日更新するから毎日見てね♪